お久しぶりですね、と言いながら

診察を何ヶ月も予約を伸ばしていると、いつもの薬局が無くなっていました。

新しく行った薬局でも、丁寧な薬剤師さんに出会えました。

昔、学生の時、健康診断で受けた検査を大人になってから受けることになったとき、わあ、懐かしい、と不謹慎にも行ってしまったら、 検査の先生が、懐かしい位が良いのよ、と言われたことを思い出します。

先日、何カ月も、病院の予約延長をかけていて、ようやく、診察を受けることになった時、院外処方箋をもらって薬局に行くことになりました。

薬局は、自分で選びながらも、薬局の方が無くなってしまって、しかたなく、お引越ししたのですが、行った先も丁寧な薬剤師さんがいらっしゃって、 ただ、計算してお支払いして帰るだけでなく、薬についての説明は当然のこととして、体の状態、薬に寄って変調は無いかなど、昔は薬局でここまで、 話をすることは無かったな、と思うほど、しっかりしています。

もちろん、命にかかわることもあるのですから、薬剤師さんも真剣です。 お久しぶりですねと言いながら入って行きます。本当に何カ月かぶりですね、でもね、いつもいつもお会いするようでは本当はね、と、本音を言われました。