薬局とドラッグストア

あまり違いを意識しないで行くことが多いですが、どう違うのでしょうか?

調剤設備があるのが薬局、ないのが薬店・ドラッグストア

薬局は基本的に、薬剤師が、1人はいないといけません。調剤設備があるのが薬局、ないのが薬店・ドラッグストアです。

薬局は医師の処方箋を元に、薬を調剤して出すことができます。
調剤設備のない薬店・ドラッグストアではそれができません。

つまり薬局は、調剤設備があり、医師の発行する処方箋を調剤できるところを言います。
それを医療用医薬品といいます。また一般医薬品や日用品も扱うことができます。

薬店・ドラッグストアは、調剤設備がありませんので、処方箋は扱えません。
医療用医薬品の扱いは不可となります。薬局という名前は使えません。
一般医薬品や、日用品は扱うことができます。

登録販売者について

登録販売者というのが、できました。実務経験2年と国家試験を受けて、若い人はおおよそ受かります。薬がその重要度の段階で3段階で分けられ、第1類は、薬剤師がいないと、薬を売ることはできません。登録販売者は第2類以下の薬を売ることができます。

最近は大きいドラッグストアで、化粧品も置いたり、日常品や食べ物まで置いたりしています。駐車場も大きく取り、たくさん売れるので、原価も安くなり、売値も安くなります。昔ながらの個店の薬局は、よほどの口コミや、そこの薬メーカーの勉強会を受けて、その店しか置いてないとくべつの薬を販売しないと、ドラッグストアのほうが、薬局の入りねより安くなっているようです。