調剤室のある薬局

医薬分業制度を国が推進してから、大き目の薬局などには調剤室があります。

薬剤師さんがいつもいるので、薬のことを相談できるのが便利

国が「医薬分業制度」を推進して、院外処方箋が一般に普及してから、大きめの薬局や病院近くの薬局には調剤室があります。 そういった薬局には、必ず薬剤師さんが常駐していて、お薬の事がよく分からなければ尋ねる事ができるので非常に便利だと思います。

買う薬を決めてるのに、別の高い薬を勧めてきたり、長々と説明をしだす薬剤師さんが居る薬局もあり、そういう所はちょっと行くの嫌厭してしまいます。 私は大体行く薬局を決めているので、お薬はそこの薬局で薬剤師さんに相談しながら買っています。

自分の風邪薬などは、その時のセール品などで適当に決めるのですが、 まだ小さい子供に使うお薬などは迷ってしまいます。 そんな時、薬剤師さんに相談すれば、症状に合った的確なアドバイスを貰う事ができました。

成分の名前などを素人が見ても、どんな効果があるのか、どんな症状に効くのか分かりませんが、 薬局に専門の知識を持った薬剤師さんが居てくれ、相談できると、本当に助かります。