似たような薬があって迷ったら

私達素人では、同じ効能を持つ薬がたくさんあった時、どう違うのか、どれが自分の症状に合うのか、分からないことが良くあります。

腕が痛くて薬局へ、ところが似たような効能を持つ塗り薬がたくさん

ある日、起き上がってみると腕が痛むのです。 どうやら、前日にかなり激しい運動を長くしていたのかそこだけ筋肉痛になったようです。 それで早速、救急箱を探してみたものの痛み止め若しくはそれらしい薬が見当たらないので急ぎ足で近所の薬局まで薬を買いに出掛けたのです。

ところが、いざ足を踏み入れてみたものの、今度は似たような効用を持つ塗り薬がたくさん有ったので、頭の中がこんがらがってしまって、どれを購入すれば良いかが分からなくなってしまったのです。

そうこうしてたら時間は過ぎて行くばかりだし、かといって効用の分からない薬を買って行くのも勇気が要るのでこれも困り果てたので有ります。 そして、薬局の奥に有る一角によく見ると「薬剤師在籍」との文字が有ったので、気になるものを幾つかかごに入れて薬剤師の女性に尋ねてみたのです。

勿論、此方はなにも分からない素人ですので親切に成分から最適な症状まで教えて頂けたおかげで良い塗り薬が買えたのです。 その後、治りが早かったことはいうまでも無く、それからは薬剤師の必ず居るその薬局が私の掛かり付けの薬局になったのです。