基本

いろいろな薬局の種類についての基本。

身近にある薬局ですが、種類によって出せる薬が異なります。

実際にどのような違いがあるのでしょうか?

 からだに不調があり病院まで通っている方、そして薬を定期的にもらっている方にとって、顔なじみの薬剤師さんなどがいるお店や病院は心強いものです。薬剤師がきちんと管理していることが求められている薬局ですが、その種類は実に様々なタイプにわかれています。大きな病院だと、医療施設内に薬を販売するお店があります。

 種類としては、病院の薬局として区別されています。 こちらの種類の薬局の場合、日本の法律によると調剤所と表現されることもあるようです。 他の店舗と異なるところは、隣接する医療機関の医師が認めた薬のみ、処方が出来るという点にあります。 そのため、他の医療機関の薬を処方したり、一般の医薬品を売ることは出来ません。

 本当に具合が優れないときや、あまり動きたくないとき、お医者さんと近いところで薬が受け取れるというのは助かるポイントです。 大学病院や国立病院など大きなところだと、このような施設を完備しているところが多いようです。