いろいろ

いろいろな薬局を上手に使うには?

薬局の違いをしれば、上手に利用できるようになります。

複数の病院にかかっている方は、まとめて一箇所で薬がもらえます。

 最近では、より住みやすい街を目指して、多くの種類の薬局が街の中でも見られるようになってきました。 様々なタイプの店舗がありますが、保険薬局というお店も、そのうちのひとつの種類となります。 病院に隣接している薬局と種類が異なり、複数の医療機関の処方箋をもとに、適切な薬を患者さんへ処方することが出来ます。

 例えば耳鼻科や内科など、複数の病院へ通っている方の場合は、同じところをかかりつけ薬局として選んでおけば、あちこち回らずに同じ店舗で薬を受け取ることが出来ます。 最近ではお薬手帳などを発行している店舗も多く、どこの病院からどのような薬が処方されたかをノートのようなものに管理してくれるお店も増えてきています。

 2008年からは、処方された薬を、患者さんの希望で、ジェネリック医薬品に代用することも可能になってきました。 ジェネリック医薬品は後発医薬品とも言われ、効能は同じですが、お値段が控えめなのが特徴です。