処方薬と市販薬の違いとは。

効果が違う処方薬と市販薬。

手軽に入る市販薬と、医師の診察の上、処方される薬には大きなな違いがあるのでしょうか?

個人に合わせて出される処方薬と、安全を重視した市販薬

 薬には医師の診断をもとにして処方される「処方薬」と薬局・薬店で誰もが購入できる「市販薬」があります。 処方薬と市販薬の違いについて、薬の豆知識として知っておくのも良いでしょう。

 市販薬は、セルフメディケーションとして病気が軽症の場合の初期治療薬として利用されます。 決められた用法・用量や注意事項を守り服用すれば、効果や安全が保たれる薬です。 ただ、誰でも安心して購入できるように、安全を重視し薬の成分を少なめにしています。この点を薬の豆知識として知っておきましょう。

 一方、処方薬は医師が患者さんの年齢・体重・症状・過去の病歴・体質。その他の疾患の有無などを考えて、一人一人に応じた処方をします。 その患者さんの現在の症状を考えて必要な分だけ渡す薬ですが、その分強い薬が処方されているのです。この点を薬の豆知識として知っておきましょう。

 このような違いがあることを、薬の豆知識として知っておくと良いと思います。 そこで、「市販薬は既製品で、処方薬はイージーオーダー」と、洋服に例えて覚えておくのも良いかも知れません。