妊娠中や授乳中の薬の服用について。

妊娠、授乳している方は薬の影響が気になると思います。

判断が難しいところですが、ご自身が体調を崩しては大変です。

妊娠中や授乳中の薬の服用と、その影響にについて

 薬の豆知識として、妊娠中や授乳中の服用について知っておきましょう。

 妊娠中の体内は複雑な変化が起きています。ですから妊娠中の服用は、普通の状態よりも副作用が強く出てしまう可能性があります。 また、薬により胎児に重大な影響を与える可能性も考えられます。この点は薬の豆知識として十分認識しておきましょう。

 しかし、慢性疾患で薬の服用が必要な方もいるでしょうし、妊娠中毒症や便秘などで薬の服用が必要なこともあります。 妊婦や胎児への影響を心配しすぎて、必要な薬を飲まずに健康を損ねては大変です。自己判断せずに医師や産婦人科の専門医、あるいは薬剤師に相談しましょう。

 授乳中に母親が服用した薬の成分は、当然ですが母乳中に移行します。ですから、赤ちゃんに必要でない薬を飲ませているのと同じになります。 それにより乳児に思わぬ影響を与えてしまう可能性も考えられます。この点も薬の豆知識として十分認識しておきましょう。

 ですから、医療機関を受診する場合や市販薬を購入する場合には、乳中であることを必ず医師や薬剤師に伝えるようにしましょう。 これも薬の豆知識として十分認識しておく必要があります。