医薬分業について。

医薬分業も大切な薬の豆知識です。

法律により定められた薬剤師の役割でもあります。

医薬分業について知ると、より安心して薬を利用することができるでしょう。

 病院で診察してもらい、院外処方せんを受け取り、病院外の薬局で調剤してもらう「医薬分業」が一般的になってます。 この「医薬分業」のメリットを薬の豆知識として知っておくのも良いのではないでしょうか?

 メリットとしては、医師と薬剤師が一つの処方せんに対してダブルチェックすると言う点です。 実は、医師が交付した処方せんについて、薬剤師は誤りなどが無いかのチェックをします。 なぜなら、疑わしい点を確認した後でなければ、調剤してはならないと法律で決められているからです。

 このようなダブルチェックがされていることは、意外と知らないことと思います。 薬の豆知識として知っておくと、さらに安心して薬を利用できると思います。

 次に、医薬分業している2ヶ所以上の病院に通院している場合、1ヶ所の薬局を決め利用すると便利ですしメリットがあります。 薬局の薬剤師は、個々の患者さん別に薬歴簿を記録し保管しています。 なので、それぞれで処方された薬に「重複はないか?」「相反する作用はないか?」「一緒に飲んでも大丈夫か?」などのチェックをしてくれるので安心です。 これも薬の豆知識として知っておきましょう。