毎日、お疲れ様です。

いつ行っても、薬局の方が暖かく、お薬の相談にのってもらえるのが助かっています。

過疎地域の薬局のいいところ。

私がよく訪れる薬局は、近所の小児科の調剤をしている薬局です。 私の住む地域は、過疎化の地域なので小児科が少ないです。 近隣の子供達でいつも溢れかえっている病院に薬局は隣接しています。

今の時期は特に大変そうです。 インフルエンザなどの隔離が必要な患者さんのために、駐車場まで行ってお薬の説明をしているのを見かけます。 そんなことで、薬局の皆さんももいつも大忙しです。

でも、いつ行っても薬局の皆さん暖かいです。 子供が飽きないように、おもちゃ広場があったり・DVDをかけてくれたり、シールなんかもいただけます。

そして、何よりもお薬の相談にのってくれるので助かっています。

我が子は、錠剤の飲み薬がとても苦手です。 かと言って、粉薬は苦いと言って嫌がるし、毎回錠剤の形や大きさによって割ってくれたり、錠剤の大きさを変えてくれたりします。

すごい手間をかけてしまって申し訳なく思っています。 しばらくは、子供が小児科を卒業するまでお世話になりたいです。