薬局は法律の改正で難題を突き付けられた。

薬局は難しい問題を、突きつけられることになりました。

一部の薬局のために、全国に薬局が犠牲に。

以前の薬局は薬事法に規定された100メートルに1軒でしか開業できなかったので1町に1軒という事になります。しかし近年は街中でドラッグストアーを見る事がありますので薬局が多くなりましたが以前より便利に購入できる時代になりました。

現代は薬事法の改正で薬局に国家資格者の薬剤師を雇う、あるいは自分で資格を取得しないと薬を販売できなくなりました。薬局は難しい難題を突き付けられる事になりました。薬剤師の資格をする事は多くの人は障壁になることは国も解っている事ですが何故、以前のような薬事法で出来ないかと言う疑問です。

一部の薬局に違法性があった事から全国の薬局店は犠牲を押し付けられる事になり難しい時代になりました。一部の違法な行為ですので警察が取り締まりをすれば解決できると考えますが法律の改正をしますと適用の範囲が全国になってしまいます。

そのために営業方針を変えなければならないという混乱が生じますので、法律を改正するならば、その時点から該当する薬局等にすべきと考えます。詳しい事は知りませんが恐らく法律の改正からの薬局店に該当するのではないかと思います。