薬局を活用しよう!

花粉症で辛い夫。でも仕事が忙しくいけないので、私が代わりに薬局に行ってきました。ところがどの花粉症の薬も、素人に私には同じように見えました。そこで、薬剤師さんに、聞いてみたのです。

同じ花粉症の薬でも、その人の症状で、全く違ってくるそうです。

暖かくなってきて、寒いのが嫌いなわたしは嬉しい季節です。

が!
花粉症の夫には辛い季節のようです。 しかも年度末で仕事が忙しい時期らしく、病院に行く時間も薬局に行く時間もないとのこと。 わたしが代打で薬を買ってきました! 近所の薬局で花粉症コーナーでは、たくさんの種類の薬がズラリ。

各製品の特徴が書いてあるのですが、素人目には同じに見えてしまいます。 自分のためなら慣れた薬をチョイスするのですが、夫のためなので選ぶのも慎重になりますよね。 そこで、常駐の薬剤師さんを呼んで、相談させて頂きました!

同じ花粉症の薬でも、その特徴はさまざまとのこと。 例えば、症状がまだ軽い人(これから花粉が増えるにつれて辛くなるであろう人)と、既に症状が激しくなってしまっている人では、おススメする薬が違うそうです! また、あまりに辛いようなら数年の漢方治療でよくなることもあると勧めて頂きました。

薬剤師さんに気軽に相談でき、薬のおススメだけでなく服用時の注意などもきちんと聞くことができて、とても助かりました! 病院に行く時間がとれないときなど、薬局の薬剤師さんを活用するのはとても良い手だな〜とつくづく思います。