実際にジェネリック医薬品を処方してもらいたいと思ったら。

ジェネリック医薬品を処方してもらうには?。

意外と知られていませんが、ジェネリック医薬品はこのようにして出してもらいます。

ジェネリック医薬品を処方してもらうためのベストな方法

 「ジェネリック医薬品」と言う言葉を聞くようになりましたが、まだまだ認識は薄いと思います。 ジェネリック医薬品については「誰に?」「どこで?」「どのように」聞けば良いのか分からないと言う方もいるでしょう。 また、「どこで処方してもらえるのか?」と疑問を持つ方もいるでしょう。

 ジェネリック医薬品については、かかりつけの医師や薬剤師に聞くのがベストです。 また、厚生労働省・日本ジェネリック医薬品学会・全国健康保険協会などのホームページを参考にするのも良いでしょう。 様々な情報提供がされているので役立つでしょう。

 またホームページでは、「ジェネリック医薬品希望カード」と言える意思表示を記載した名刺サイズのカードがダウンロードできます。 受付で診察券と共に提示したり、診察の際に提示すれば処方の希望が簡単に伝えられます。

 ジェネリック医薬品の処方については、基本的に医療機関で発行される処方箋に名称が記載されていれば薬局で調剤できます。 また、処方箋様式が2008年に変更され、「後発品への変更不可」のチェック欄が設けられ、その欄に医師のサインがなければ、薬剤師と相談し選ぶこともできます。