ジェネリック医薬品の安全性。

ジェネリック医薬品は安いと聞くけど、品質は大丈夫なの?

新薬と同様に薬事法で厳しく管理されています。

ジェネリック医薬品は安くても高品質の理由

 ジェネリック医薬品を使用することにより、患者さんの負担を軽減できると、最近徐々に注目されるようになってきています。 しかし、まだまだ認知度が低いためなのか、価格が安いことや後発品と言うイメージだけで、「ジェネリック医薬品は大丈夫?」と疑問を感じる方もいるようです。

 薬は、開発から製造販売まで全てについて、「薬事法」と言う厳しい規則により管理されています。 実は、ジェネリック医薬品についても先発品(新薬)と同じように薬事法で管理されているのです。 しかも、ジェネリック医薬品については、先発品が発売され特許満了するまでの長期間に渡り、様々な点を確認したものから選んで開発されているのです。

 また、薬を製造する工場施設をはじめ、製造される各薬毎に高品質を保つことが可能かを、薬事法に従い厳しい審査して認められた後で製造されています。 つまり、ジェネリック医薬品は、様々な面で先発品と同等でなければ製造販売はできないとも言えるのです。