最近よく耳にするジェネリック医薬品とは?

CMでもおなじみのジェネリック医薬品とは?

いつも病院でもらう薬とジェネリック医薬品はどのように違うのでしょうか?

ジェネリック医薬品はなぜ安いのか?

 最近、「ジェネリック医薬品」と言う言葉を耳にすることがありますが、「ジェネリック医薬品とは?」と疑問に思う方もいるのではないでしょうか?

 病院で処方してもらう薬には、価格の高い「先発品(新薬)」と価格の安い「後発品(ジェネリック医薬品)」があります。 新薬は、長い年月と莫大な費用をかけ新しく研究開発された薬で、特許があるために特許期間中は、開発したメーカーが独占的に製造販売します。 ジェネリック医薬品は、新薬の特許が切れたのち品質的にも同等の医薬品として製造販売されるものです。つまり、開発費用が少ないので安く提供出来るのです。

 新薬は価格は高価になりますが、新しい病気や今まで治療が困難と言われる病気を治療できる薬として大切な役割があります。 一方、ジェネリック医薬品は安い価格で供給されているので、患者さんの高騰する自己負担を和らげる大切な役割があります。

 それぞれに大切な役割があるので、バランスよく使用することにより治療の質を下げることなく、患者さんの負担を大幅に軽減することが可能です。 新薬とジェネリック医薬品を賢く選択していくことも大切かも知れません。